英雄や王が救い去った後のウルティマオンライン(UO)というオンライン ゲーム異世界を映す2つの水鏡 ブログ

退屈なんてない。どんなに変わろうとも何をするかが僕たちの居るこの世界には重要なんだ。

 UOもMMORPGの中でも、最長と言うだけあって歴史に厚みがあるのですが、
 当時から多少のグラフィックの変化はあるものの、解像度に関して言えば変わっていないのです。

UOの画面の大きさ変移


 キャラクターが動く画面は、これ(800×600)より小さい640×480にすることができますが、見える範囲が小さくなってしまうという欠点があったりします。
 
 画像内でも書いていますが、SAクライアント(エンハンスドクライアント)は、文字の大きさも含めてUOの画面を構成する部品を自在に変えることができるので、画面が小さいという欠点は解消されているのです。

 どっちのクライアントが良いかは難しいところで、古くからやっている人は慣れ親しんでいる2Dクライアント(クラシッククライアント)で、比較的最近UOをはじめた人はSAクライアント(エンハンスドクライアント)で楽しんでいる人も少なくないようです。
 遊ぶ内容によって使い分けたりする人もいたり、
 現在2Dクライアントでのみ使える、有料便利ツールのUOAssistがクレジットカード以外(またカードも限定されている)では支払えないので、それに匹敵する機能を兼ね備えたSAクライアントを選ぶ人もいたり。

 やはり最終的には個人の好み…ですかね^^


 と、まぁ、オフライン事情が落ちついてくるとUOやってしまうわけで。
 やっぱやると面白いんだよなぁ^^;
 
 毎日、じっくりプレイってのは未だ出来そうもないけど遊べてはいるから、ちょっとずつ 記事は書いてみようかと。
 形式などは、また気まぐれで変わるかもしれないけど。

このページのトップヘ